So-net無料ブログ作成

[PS4]KNACK レビュー

nice!(0)  コメント(0) 
KNACK.jpg

遅くなりましたが、日本での発売日から約1ヶ月経過したPS4のソフトウェア、KNACKのレビューをします。
トロフィー解説は簡単に。
備考
プレイ時間:40時間程(?)
トロフィー:コンプリート済み
コンパニオンアプリ:使用

評価点

・PS4ならではグラフィック
キャラクター等はアニメ調なのですが、背景に関してはとても綺麗です。
また、物理演算も良く、KNACKがやられる場面での爆発四散吹っ飛ぶ姿はなかなかのもの。
たまにフレームレートが低下する場面はあるものの、基本的にぬるぬる動いています。

・シンプルなアクションゲーム
アクションゲームとしてして操作はシンプルで、DUALSHOCK4(以下、DS4)の操作ボタンを全部使っていません。
そういった点ではとても取っ付き易いゲームだと思います。

・ロードが早い
ゲーム起動時とコンテニューのロードは掛かるものの、一旦ロードしてしまえば、リトライの場面やムービーをスキップする場面ではロードが殆どありません。

改善点

・2周目以降の要素
本編クリア後にはチャプターセレクトとタイムアタック、コロシアムが追加されます。
チャプターセレクトは、各種クリスタルナックといったもののトロフィー回収用のものです。
タイムアタックは全13チャプターの一部のステージでタイムアタックをするものです。全13ステージですが、内容としては薄いです。
コロシアムは、全3ステージで内容も特に難しくなく簡単なものです。
また、「難しい」でクリアすると「すごく難しい」が解除されますが、別のセーブデータ枠を使ってのプレイとなります。
あとは、特にこれといって解禁要素があるわけではないので、トロフィーを目的としない人にとってはさらっと終わってしまいます。
また、クリアした状態を引き継いで、別の難易度を挑戦するといったことは出来ないので、別の難易度をプレイするとまたガジェットやクリスタルを1から集める必要があります。

・ガジェットとクリスタル
別のセーブデータとは共有しないため、上記に書いた通り難易度毎に集め直す必要があります。特に高難易度ですと、初期の敵から硬く殺しに来るので厳しくなります。
一応、解禁したクリスタルナックは別のセーブデータとも共通で使えるようにはなるのですが、選択できるのは、ニューゲームとチャプターセレクト、TA、コロシアムなので、本編の途中で解禁されたクリスタルナックを使用することは出来きません。使用したいならニューゲームをする必要があるという変な仕様。

また、クリスタルの中でもレア度☆5のダイアモンドだけは、出現率がかなり低く設定されており、
・フレンドからも入手できない
・コンパニオンアプリから入手できない
等もあってか入手が困難です。同じレア設定のエメラルドとはレア度があと☆5位違う気がします。
体感では1周回中に全宝箱を回収して2個くらいでしょうか。
これを苦労して10個集めると最強のクリスタルナックが手に入ります。苦労しただけあって、性能は全一なのですが、やはりダイアモンドも出現率が低いため普通にプレイしているとなかなかお目にかかれません。せめてフレンドから入手ができれば良かったのですが…。


・投げっぱなしのストーリー、ツッコミどころ多めのストーリー
初プレイ時はムービー飛ばさずにプレイした(※EDは飛ばした)のですが、ゴブリンのその後(特にグンダハール)はどうなったのか(最初はどこかで和解でもするのかと思った)、古代遺跡の謎…。
また、博士のクズっぷりやライダーの謎の主人公補正が掛かったような生存率などのツッコミどころもありました。
私の理解力が乏しいのもあるのかもしれませんが、色々と投げてる印象はありました。それでいて1周が割りと長め。

総評

日本のPS4(初回版)に無料でDLコードが封入していたゲームでしたので、多くの方が無料で持っておられると思います。
無料で出来るゲームと考えるとシンプルでそこそこ楽しめるものだと思います。
高難易度に挑戦しようとすると一部の敵の理不尽攻撃のお陰で途端に死に覚え立ち回りゲームになりますが、ダイアモンドナックがあればある程度ゴリ押しが出来るようになります。ただ、ダイアモンドの出現率はかなり低い。
また、TAとコロシアムはありますがこれといってやりこみ要素があるわけでもなく、フレンドと共闘すると言ったこともありません。
お手軽に遊ぶ人にとっては良いですが、内容を求めるなら色々と足りないというのが印象でしょうか。
個人的には、折角大きさが変わるのだから、自分で自由に大きさを変えられるような要素があっても良かったと思います。一応ステルスナック(ステルスはしてない)がありますが、自由に大きさを変えられると違った遊び方があったと思います。

また、コンパニオンアプリに関しては単純なパズルゲームで、リセットすればパーツがもらえるポイントもリセットされるので、出来る限り有効活用したほうが色々と効率は良いですので、iOSまたはAndroidの対応を端末を持っている方はプレイされることをおすすめします。(iOS版はホームに戻ることで画面が擬似的に止まるので楽と聞いたことが有ります)




トロフィー解説


トロフィーリストはwikiを参照にどうぞ。
今作で苦労するのは、
  • 冒険王
  • クリスタルレリックマスター
  • KNACKマスター
  • 完全勝利
  • パーフェクトアクション

でしょうか。

冒険王

同一周回内で取得する必要があります。そのため、取り逃すとオートセーブによってやり直しが効かず、はじめからやり直す必要が出てきます。
また、一部は動画ないとキツイと思われますので、下記の動画を参考にしながら一つ一つ念入りにチェックして行くのが確実です。あと、宝物を取ってから死亡し、宝物を取る前の場所からリスタートした場合は、宝物を取った後でも秘密の部屋を開放しておくことを推奨します。
秘密の部屋の分かるガジェットがあれば、それに越したことありません。ただ、反応しづらい場面もありますので、やはり動画を参考にプレイしましょう。



あと、効率を求めるならここで1周目を簡単で始めて、ダイアモンドがでるまでしっかりリセットマラソンをすることおすすめします。その上、始める前にコンパニオンアプリで多くのパーツを獲得しておくと精神が病み難くなります。
1周目でダイアモンドを10個集めておくと無駄な周回や無駄なダイアモンド取得をなくせて、「難しい」や「すごく難しい」といった高難易度をある程度、楽に進めることが出来ます。

リセットマラソンは、宝箱を開けた時に出た宝がダイアモンドでないときは、○ボタンを押さずにPSボタンからアプリを終了。ダイアモンドの時は取得して進行します。
余分なものが出ないようにクリスタルレリック以外のパーツを揃えておくと良いでしょう。
リセットマラソンの箇所は、1-2(最初の2つ。3つ目までになるとやや面倒くさい)、2-2(1つ目)、3-1(2つ。やや面倒臭い)、3-3(最初の1つ目)、6-3(3つ共。素晴らしいリセットマラソンポイント)、8-3。

クリスタルレリックマスター

上記との関連トロフィー。やはり鬼門となるのがダイアモンドの出現率。
レビューで前述した通り、コンパニオンアプリやフレンドから入手ができない(他は可能)ので、純粋に自分の力(確率)で出現させる必要があります。
高難易度の方が出やすいと聞いたことがありますが、私は簡単でやって、出る時は物凄い出たので、そんなことはないと思います。要は運です。

KNACKマスター

普通にプレイすると耐久の低さ(敵の攻撃力の高さ)と弾幕が凄まじいので、理不尽な死に覚えゲーになります。
ただ、ダイアモンドナックがあると難易度が緩和ができる(個人的な体感ではダイアナックのすごく難しいはノーマルナックの難しいと同等程度)ので、ダイアモンドナックを手に入れてからのプレイを推奨します。すごく難しいの途中でダイアモンドナックを手に入れてもそのセーブデータでは使えない(ニューゲームで選択する必要がある)ので注意が必要です。

完全勝利

簡単の3-5。パターンさえ見切れば簡単です。また、サンストーンが貯まるのであれば、ストームでゴリ押しも十分に可能。

パーフェクトアクション

難しい8-3。ここは「ダイナミックプレイ」も同時取得が狙えます。
プレイの方法は下記の動画を参考にどうぞ。

参考動画




PS4の実質無料としてついてきたゲームとしてはそこそこ遊べましたが、遊んでいく度になんだかつまらなくなっていった印象。
1周目はそれこそ楽しく進めましたが、2周目から周回することが怠く(主に「冒険王」のせい)、ダイアモンドの出現確率に辟易しました。そもそも、ガジェットやクリスタルは全セーブ共通で良いですし、クリスタルレリックは該当のナックがアンロックしたら出ないようにすれば、ストレスが溜まらなかったと思います。

PS4のソフトに関しては、何かしら持っているのですが、PS3版を先にやったり、ナンバリングタイトルであれば前作をやったり、他のやりたいゲームがあったり、そもそもゲーム以外のやることがあったり等でなかなか手を付けられない状況です。
やり始めたらどんどんやるのでしょうが、しばらくPS4でゲームはしてないのが現状です。
まぁ、DS4だけはPS3のコントローラーとしてはPSボタンが使えない以外は優秀なので使ってはいます。なんでGT6使えないかなぁ…。




PlayStation 4

PlayStation 4

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



龍が如く 維新!

龍が如く 維新!

  • 出版社/メーカー: セガ
  • メディア: Video Game



トゥームレイダー ディフィニティブエディション【CEROレーティング「Z」】

トゥームレイダー ディフィニティブエディション【CEROレーティング「Z」】

  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • メディア: Video Game



タグ:PS4 KNACK
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

ページトップへ戻る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。